定期的なクリーニング

3ヶ月に一回、年間にして4回ほど定期的に歯のクリーニングに行きはじめて、はや20数年間。虫歯とは無縁な状態にあります。厳密に言うと、虫歯になりかけたとしても、ごくごく初期の段階的発見してくれますので、わざわざこちらの都合を削ってまで歯医者さんへ行かなくて良い環境になってます。
虫歯で悩まされる多くの方々言うのは、毎日自分でしっかり磨いているのに、虫歯になった、そして、痛みをある程度我慢していくうちに、その痛みに耐えられなくなって、歯医者さんへ行く、そして1度では中々終了しない治療となり、自分の大事な時間を削ってまで、痛いのを早く直したいので、歯医者さんの都合で有無を言わさず次回予約をしてきているパターンが大抵かもしれませんね。

僕が当初通い始めたきっかけは、コーヒーやお茶等の普段の生活で歯に着色や歯石が着くのに加えて、タバコを吸っていたので、通常よりヤニも多かったんですね。
それが気になり出して、通い始めました。
もちろん、痛いとか、そう言った訳ではないので自分の都合で次回の予約ができるわけです。保険内診療治療の関係を使うと、前回より3ヶ月以内だと都合がよいらしいので、それ以来このペースを保っています。
それにしても、年にしてたった4回廃車さに通うだけで、初期の虫歯は発見してもらえる、歯は綺麗を保てる、痛くない、急がなくて良い、自分の時間で設定出来る。ある意味良いことずくめなんですよね。

さらに、僕の場合はタバコのヤニもありました。

髪の毛のメンテナンスも、頭皮のケアも似たような感覚かなぁと思います。
パーマやカラーをしなくても、普段の生活でのダメージ(ドライヤー、紫外線、水道水の塩素…)

それに加えて、パーマやカラー等あればやはりダメージは大きくなりますよね。

そこでやりがちな、セルフケアトリートメント。もちろん、決して悪いことではありませんが、しっかりトリートメントをしている「気」になってる方も多いかもしれません。
原因が、頭皮なのか、毛髪なのか、はたまた、内面的要因からなのか…。
乾燥なのか、皮脂なのか、それぞれにあったものを使用出来ているか?と言う所も大事なのかなぁと。

しっかりケアしている…つもり…で、虫歯。しっかりケアしている…つもり髪が…。

髪の毛は初期の虫歯と同じように「痛い」とかなりませんし、それ以上に厄介な事は、神経が無いのでほっとけば、そのままの状態が続いてしまいます。
 
虫歯は最悪、歯を抜きます。
髪はカットして切る手段になってきます。

 虫歯になりやすい食べ物は、避けたい所ですが、やはり食べたいので食べることは良いと思います。

髪の毛も、パーマやカラー等ダメージが大なり小なりあると解っていても、やりたければ良いと思います。ただ、極力負担をかけな施術で行えればそれにこしたことはありません。

そして、甘いもの等食べたあとは、それなりの歯磨き、ブラッシング。

髪の毛は、頭皮や頭髪のケアをすることが大切なのではないかと思います。

あれ?の思った時では無くて、その前の少し一歩前の段階のケアが必要です。

基本的に、年に4回。たったこれだけの回数です。365日あるうちの4回を、カットやカラー以外でケアにプラスするだけでも少し違ってくるのかなぁと思ったりします。

ご参考迄に。


hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000