白髪が光で染まる?

手間暇、時間が取れない方に、
簡単、便利が売りの

光で染まる白髪染クリーム!


と言うのありますよね?

実際使ったことある方はいらっしゃるでしょうか?

あの光で染まる染料成分は

硫酸銀


がほとんどだそうですね。

(他にも、硫黄銀や銀円等使われている場合もある)

で、この成分で染まる仕組みが…

硫酸銀入りクリームを髪に塗り当たると、銀イオンが分解されて金属の銀が取り出される。

銀が取り出されると同時に、銀は黒く変色。

黒くなった銀が髪の表面に、強力にくっつき、

銀は髪の内部に浸透せず、まるで白髪が染まったようになると。

もっとも簡単に云えば、

シルバーアクセサリー等と同じ感じで、錆びて黒くなってしまった…と、同じ状態。


あくまでも、染まってる訳ではなくて、黒っぽく見せているだけなんですよね。

で、それで何が困るかと言うと、光で染まる白髪染されている髪に、通常のアルカリカラー(白髪染)をすると、既に銀イオンが付着しているので、いくら黒やダークブラウン系統のカラーリングをしても

髪の毛が…

緑色


に変色してしまいます!

ですので、一度銀入りカラーされた髪は二度と通常のカラーを出来ない( ̄▽ ̄;)

これ、本当ご注意下さいませ。




hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000