最短10分で。

白髪染めをしたいけれど、なかなか時間が取れずホームカラーで…と言うかたも多いかと思われますが、実際お店と自宅でやるのでは手間暇・時間かかっているでしょうかね?

カラー剤を購入から、下準備の塗布、そして放置時間が約30分。そこからシャンプートリートメントで、ドライ仕上…。

最後に片付けと言う一連の流れ。

しかも、白髪染めレベルのカラー剤ともなると、お風呂場の洗い場は、跳ね散らかったカラー剤を見落としてしまうと、後々大惨事になりうることも。

もちろん、現在市販でも塗りやすいとされる泡カラーのものや、時間短縮のカラー剤もあるのでスピーディさを求めるには問題無い点もあります。


が、しかし…


泡カラー、スピーディーカラーの一番の塗布時の注意事項として、

前回塗って色が染まっている部分には極力着けないで塗る!と言うことが大前提となります。

白髪染め初めての場合には、このジョウケンニはまらないときもありますが、2回目以降、前回塗布した部分に重なって薬剤が付くと必ず暗くなります。
暗くなるだけなら未だしも、かなりのハイスピードでダメージを加速させてしまう可能性があるんですよね。

まぁ、白髪染めだから暗くなっても構わない…と思い勝ちですが、白髪量が根元多ければ多いほど、同じレベルで同じ濃さの白髪染め使えば使うほど、根元と毛先の明暗がはっきりとして、逆グラデーションに。

さらに、一回過酸化水素が付いた髪にさらに、過酸化水素がつき、脱色作用をした上、黒が入色して行く訳ですから意味がないんです。

進行するのはダメージだけ。


そんな中で、唯一サロンカラーで、根元のみ伸びてきた白髪を染める技法としての

リタッチ


基本根元2㎝以内が理想的。

それでもっていて、塗布量も多すぎず、塗布時間も早く出きるんですよね。


それに踏まえ、なんと今回は

放置タイム


10分完了です。



*初回は全頭染めになりますが。


ええ、すこぶる早いです。

30分待ちが10分ですからね。

現在当店にては、3Nのみ取扱で深みあるブラウン黒になりますが、取り合えず早く、白髪をカバーと言う方はおすすめ致します。

そうなんですよね、ちゃんと周期的に染めていたいけれど時間がなかなか…と言う方へ。


価格も2㎝以内の同色/同明度であれば今後定期コースをご案内させていただきます。

うん?ホームカラープライスになるかも?


hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000