2020年迄には?


毛包を人工的に大量にを作る技術が確立されたと言うニュース。

昨日ネットでは流れていましたが、今朝のニュースでも取り上げられておりましたね。

まさに朗報。

ただ、まだ実験段階、今後動物で安全性を確かめてからの、2020年実用化の見透しとなっているようで、あと2年弱の期間はありますが、問題なければ喜ばしい。

「世界初」「毛髪再生」等の発毛に関わるトピックス関係は、一時大きな話題にはなるものの、その後の勢いが無くなるのも事実。

それだけ難しい分野であり、期待値程の絶大な効果が見込めなかったりしてるんだと思います。

もっとも、時間と費用の関係性が一番の悩みどころでもありますが。

うん、これが現実になり価格帯が手頃であれば、薄毛に関しての悩みから解放される時代が到来しそうですね。

事実、髪の毛を切って、かけて、染めての仕事なので無くてはならない存在なので実用化に向けて頑張って欲しいです。

hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000