シザースタンド?


もっともメジャーな、作業効率的に支持を得ているジザーケースと言えば
🔽
このタイプですよね。美容師さんあたりの代名詞と言えるこの形。

とは言え、電気技師さんやら、大工さん、生花店なんかでも工具入れて使われているんで、若干形状違いあれどスタンダードな品かも。



本来国家試験なんかでは、ジザーと櫛は消毒、未消毒に台皿分けて🔽のような分別使用が本来。

しかも、落としても割れないという名品。
しかしながら、上記の台皿では持ち運びの際には不便なので、🔽とセットでファスナー付きの、ジザーケース?ジザーバッグみたいなものもあり。何丁させるかはサイズ次第ですが、そんなものもあり。保管にも便利な代物。


そんでもって、以前からあるタイプと言えば、🔽の横置きシザースタンド。

プラスチック製のが多くを占める中、allwoodの木製で見た目にもお洒落な。
同じくallwoodではありますが、場所が変われば試験管でも使えそうなデザインのジザースタンドもあったりします。
一時期、キムタク主演のビューテフルライフでも使用されて人気があった巻物風ジザーケース。

最近では、リストバンド風…世紀末覇者かと言わんばかりのロックテーストなジザーケース、、いや、シザーホルダーと呼んだ方がよいかもしれないのも発売されており…。
うん、強そうだw

ですが、今回もスペアで持ってるシザーの保管に、🔽こちらのスタンド購入してみました。





本当なんのへんてつもない、生け花で言う剣山の柔らかい(グラスファイバー?)

それを逆さにケースに入れて、抜き差しが簡単な様に作られているようですので。

まさにアイデア商品。

実際の所、セニングシザー(スキバサミ)はひっかかりがあるので、おすすめ出来ませんが通常のシザーは滑らかに取り出し可能ですね。

ええ、1本あたりの金額が金額なので、大事に扱いたいと言う気持ちもありますので、今回はこちらを選択。



しかしまぁ、ジザーの保管、作業効率、それぞれの用途に合わせても沢山のこういったケースやスタンド多いですね。


hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000