補色

ここ数年、赤みを抹消し透明感のある
アッシュ系カラーが主流でしたよね。

もちろん、まだまだバレイヤージュやグラデーションカラーではデザインとしてのバリエーションは豊富なので人気あります。

同じく、グレイカラー(白髪染め)においても同じく赤みを消す事が多いです。


単純に黒髪の赤みを消そうとしても、なかなか消しきれない、カラー剤ではアッシュやマットと記載あるけど、思ったほどの赤みが消えないと言う事が多い理由としては、髪の毛本来の黒を形成している色素の分量によってきます。

図の様な色相環の様に髪の毛も元々が白ベースであれば、単純にお互いを打ち消す色味を入れてあげれば良いのですが、そうはいかず。

まずは、黒をぶち壊す作業をしてあげなくてはなりません。

色の中でも最大にして最強の黒。

絵の具で🎨パレットで考えてみても、色々な色が混ざってしまってグレーから黒になった所に、新たな色味を加えてもカラーチェンジが出来ないのと一緒で、黒は本当に強いです。

ですので、カラー薬剤の中でも最強の

ブリーチ剤

を使用するのですが、それでも1度や2度では倒せないのが人間本来が持っている黒髪。

通常のアルカリカラー剤、箱入りのドラックストアーなんかで購入できるのも、もちろん黒髪の色素分解するためのブリーチ剤は入ってます。(そもそも、レベル設定がわからないので、濁りやすいですが)

ブリーチ剤を使って、何度か繰り返し黒髪を白ベースへ近づけてようやく、求める色味をのせる事で、赤みを打ち消したカラーに出来きます。

ブリーチ工程で真っ黒から、オレンジ→イエロー→ペールイエロー→ホワイトの様に段階を踏んで脱色されてゆくわけですが、オレンジくらいのレベル、またはイエローレベルくらいで図の補色になりうる色味を乗せても、実際は濁りやすいことも事実です。

濁ると言うより、濃い色味での発色になりやすくなります。

こちらも一概に言えないのですが、

ブリーチ1回でオレンジよりの明るさが出た髪に、明るめのアッシュ(青)*明るめなので、染料が薄いもので乗せるとオレンジ×青でグリーン寄りの発色に。

同じ条件で濃いめのアッシュ(青)染料が多いので、透明感は少ないものの緑味感じにくい、青よりになる可能性の方が高いです。

肌のくすみは嫌ですが、ヘアカラーのくすみはバリエーションのひとつだったりしてますからね。

濁りとくすみの境界線も難しい所。

また、ヘアカラーすれば自ずと色落ちはありますが、濃い色味を入れれば彩度としての楽しみは長期間楽しめますが、薄い色味に関しては、体感的にも早く感じます。

明度*彩度*くすみ*濁り*褪色期間*ダメージすべての要素を考慮して求めるご希望のヘアカラーを楽しむのがベストだと思います。

色味の見えかたで大きく左右する光源、室内なのか屋外なのかも大事だっり、そのカラーを持続するためのホームケアやシャンプー選択も大切になってきます。

最近では、韓国系ヘアカラーも人気あり、インナーでの原色(赤・青・)等々。

透明感と言うよりは、ドスンとハッキリと分かりやすいデザインも多いですよね。

透明感ある外国人風カラーと言うキャッチコピーとは程遠いですが、表現が違うだけで

そちらも

外国人風カラーのカテゴリーなんですけどねw

うーん、カラーは奥が深い…。

hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000