よく聞かれるあのシャンプーの事

某CMで数年前に有名になり、プロジェクトさえ立ち上げられたシャンプー。
雨上がり決しないの宮迫なんかこれで助かりました…とか言ってますね。

こちらのシャンプー、未だに抜け毛が多くなって、髪の毛の薄さが気になり始めた方に聞かれることが多いです。

「あれって、良いの?」って。

たしかに、成分を見る限りでは高価な良いとされる成分が多用多種配合されておりますね、なのでそれこそシャンプー自体の価格も良いお値段となっております。

では、そのシャンプーで発毛は望めるのか?となった場合はまた話は別かもしれません。

頭皮環境を良くして、育毛、発毛の促進は出来るでしょう、しかし、この手のシャンプーだけでは難しいのも事実。

いや、いや、それこそ、中居くんや草剪君も宣伝してたし…。

これ、発売当初から僕が言っておりますが、CM広告の小さな小さな注意書に
「単体での利用効果ではなく、医薬品との併用による効果です」としっかり書いてあります。

そうなんですよね、ダイエット商品の通信販売でもみかける、謳い文句と同様、マシーンやダイエット食品だけで痩せたわけではなくて、規則正しい食生活や、専門のトレーナーの監督指導の元でダイエットが成功しました!と言ってるようなものです。

なので、決して騙してる訳ではないのですが、そこの小さな注意書を読まないと、高いだけ高いシャンプーを購入するだけの結果となってしまいます。

あくまでシャンプーは医薬部外品であり、化粧品と言うカテゴリーに分類されるものなので、お医者さんが処方する医薬品とは異なり、効果効能が発揮されるまでは相当の時間もかかります。

ここで言われる医薬品とは、日本国内で認可されている「プロペシア」。これは、病院へ行けば大抵処方してくれるものですが、保険適用外ですので1日約200円くらいかかります。大体1ヶ月分もらえます。
効果としては、毛髪サイクルで抜けるのが早くなった抜け毛を抑える事です。
(1本の髪の寿命は約6年なので、それより早く抜けてしまうことにより薄毛に見られてしまう)
さらには、大正製薬が発売されている
「リアップ」こちは外用薬なので、頭皮に塗る薬になります。CMで言っているように、「発毛」です。

爆笑問題あたりがCMしているAGA等の薄毛対策等では、プロペシアとリアップの併用が一番利用されていることが多いです。

これらは、あくまで医薬品分類になりますので、お医者さんでしか対応出来ませんし、医薬品で有る限り副作用等の面もあります。

今はネットで個人代行輸入やジェネリック医薬品で安価なものも手に入るのですが、体重や身長、その他現在服用している薬等の併用もありますので、自己判断での購入はお勧めしません。

話がそれてしまいましたので、改めてこの認可されているお薬については後日くわしく。

シャンプーの宣伝で大々的に謳われている文句もしっかり確認して購入することが大事だと思いますよ。




hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000