このシャンプーって良いですか?

シャンプーの種類ってたくさんありますよね。そして、ちょこっとネットで検索すると、ありとあらゆるシャンプーが出てきて・・・。悩ましい。。

効果効能も様々、ボトルデザイン、香りも様々。

頭皮ケア用だったり、カラーケア用だったり、ダメージヘア用だったり、出来る限り自分に合ったシャンプーを買いたいなと思っているはず。

で、結局買ってしまう決めてとなるのが、ボトルのデザインか香りだったとかになっていませんか?

ネット検索でもそう、シャンプー解析サイトの成分表示でチェックしては、より良い成分のシャンプー、はたまたそれとは逆で、美容師推奨シャンプーで人気なシャンプー。。

正直、どれもこれも、僕からしたら胡散臭い感じしかしないんです。

良いです!良いです!とアピールするシャンプーが非常に多すぎ。

ネット広告においては、本当宣伝の仕方が全て横並びの似通った写真ばかりだし。

正当派のイメージでCMする派と、相対するヒートポンプ派のCM。

どちらも、シャンプーについて熱く語ってるのですが、そんなにいいなら無理にCMしなきゃいいのにとも思ってしまいますが、そうもいかないんでしょね。

自分にとって良いシャンプーとは、何もデザインや香り、宣伝文句や成分内容ではないと思っております。こんな言い方すると無責任、もしくはポリシーないなぁ~と思われるかもしれませんが、自分で色々試してしてみて、肌にあった物をお選びいただくのが最強かと思います。手触り・仕上がり感・性別・年齢・髪質・気分・時期・タイミング・コスト等々。。。使ってみたら良かったなぁくらいの。

正直シャンプーボトルの90%以上の成分が何かって?考えてみますと・・・です。

ダメージ修復と謳ってるシャンプーも、洗うだけの色気も素っ気も無いと言ってるシャンプーも、高級感あふれるボトルデザインのシャンプーも。

結果、自分の肌にあってるか合ってないか。仕上がり感が好きか嫌いか。。

ダメージは基本治りません、治った感にして扱いやすくすることは全然可能です。それは否定しません。

また、理美容師側からする被膜の多さでの、他技術の妨げになりやすいシャンプーももちろんあります。お医者さんでも言われるような、特に皮膚科なんかは勝手に自己判断で傷口に軟膏なんか塗ると駄目!って言われる感じのパターンもあります。それと同じような髪への影響もやはり多少はあります。

ふっくら髪をしたいのに、しっとりタイプのシャンプーとか使ってると言うのはOUTですけどね。。

余程の勘違いなければ大体大丈夫だとおもいます。

なんで、おススメは?と聞かれれば、基本髪の毛の汚れを落としてくれるシャンプーを当店取扱いの中でおすすめしております。

市販のシャンプーで、おススメは?と聞かれた場合は数限りなくあるので、名指しでおすすめはほぼ不可能です。。あしからず。。。




hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000