過酸化水素水…

セルフブリーチにて…あっ、しでかしてしまった、Tシャツにブリーチ剤を点々…。

ブリーチ剤=脱色効果ですので、当たり前ですが着色されている衣類の漂白をしてしまうんでね。

ブリーチに限らず、アルカリカラー剤である、通常のヘアカラー、または白髪染も同じく、染毛補助としての役割を持つ過酸化水素水。

基本的に原液とされるものは30%濃度であり、劇薬指定

完全にこのままだと、皮膚から何まででも溶かしてしまうくらい強烈な劇物。


ですが、そんな過酸化水素水を濃度6%にしてあるのが、通常市販されているアルカリカラーのヘアカラー剤。

薬事法で、日本国内毛髪に使用できる最大上限は6%と定められているんですよね。

つまり、髪の毛を明るくしたい!場合には最大6%が限界の使用濃度であり、毛髪のメラニン色素を破壊するパワーとしてもこれが最大になります。

ええ、破壊力が最大と言うこと。

既に明るくなってしまってる毛髪に、染料だけ入れたい場合って、その最大濃度の過酸化水素水が必要かどうか?なんですよね。


メラニン色素(黒髪)を壊す役割をもっている最強濃度をただでさえダメージがある部分に使う必要があるかというと、余程の訳が無い限り必要性が無。

なので、そんな使いわけ、塗り分けできる様にサロンカラーでは4%や3%等々種類があるんです。

6%水で薄めれば同じ事ですが、まぁセルフカラー薄めて塗ろうことなら、ビジャビジャ過ぎて塗りづらいですしね。

適度な粘土が普通にサロンカラーではあります。

漂白剤で有名などこの家庭にもある、キッチンハイター系。
こちらは、次亜塩素酸ナトリウム。

漂白剤…うん、過酸化水素水とは書いてないですね。ええ、塩素系漂白剤となりますので酸素系ではありません。

さて、こちら⏬



こちらは、成分表示に
過酸化水素としっかり表記してあります。

皮膚の消毒剤などにも使用している過酸化水素。酸素系ですね。

言ってしまえば濃度は解りませんが、ヘアカラー時使用するのと同じ同類のものになりますね。

商品名がごっちゃになりやすいですが、細かく見て行くと違いがあることに気づかれると思います。

でもって、自分のやらかしてしまったTシャツ…脱色剤+過酸化水素水ですので、すでに色落ちしてしまったものに関しては復元不可となります。

アルカリカラー剤+過酸化水素水での着色の場合も同じく…。

ヘアカラーの際はお気をつけて。

hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000