比較対象は本人だけ

育毛対策、育毛対策と言って一番難しいのが、いつから始めれば良いのかと言う問題があるかと思います。

自分が気になり出してから、または、周囲に言われた時等々様々なきっかけが始める要因になるのですが…

僕個人としては、いつからでも、早ければ早いほど望ましいかと思います。

まぁ、早ければ早いほど良いとは言っても、時間や手間やコストが発生するので面倒くさい方は面倒と思うかもしれませんが。

実際、今の自分と比べ10年前、いや、昨年と比べても構いません、100㍍を今も同じ速さで走ることが出きるかどうか?

例えば…ですけどね。

毎日トレーニングで走っている方は可能かもしれませんが、殆どの方は難しいのではないでしょうか。

それと同じとまで言えませんが、どうしても肉体的にもホルモン的にも色々な要因が重なって抜け毛や脱毛や髪の毛の延びる速度も低下して行くのも事実です。

もちろん、自己回避出来ない遺伝の可能性もあります。

が、

本来抜け始める時期、年齢、パターンを育毛

毛を育てる


と言うトレーニングをすることで、少しでも毛髪体力、頭皮体力を作ることは可能性あります。

遺伝の可能性が高い場合も遅らせる事も。

なるべく髪の毛や頭皮に負担をかけないことも。

基本花壇の花に水をあげなければ枯れてしまう、元々自然草だから大丈夫とは言う花ですら、余りにその時々の天候や環境で生育しない事もあります。
ほどほど水の要らないサボテンですら、余りに手入れをしなければ枯れ果てる事もあります。

そんな環境になる前に、今の自分が出来ることであれば、なるべく早めに育毛活動を始めてみることをおすすめ致します。

育毛はあくまで育毛ですから、発毛ではありません。

今ある毛髪を健やかに、太くたくましく伸ばす事が本来の意味です。


あれ?髪が無い…と言う状態は復活が非常に困難になってしまいます。

ええ、始めるなら【今】!

そして、その育毛が本当に自分に効果があるかないか?

まぁ、そこが解りづらい点もありますよね。

実際同じ状況でもう一人の自分の頭皮があるわけで無いので。

お勧めしている育毛剤使ってもらって、

これって、効果あんの?

現状髪の毛のふさふさから始めた人は、中々解らないかもしれませんが、間違いなく効果はあるでしょうし、全く無かった人が使って、少しでも生えてきたら実感出きるでしょう(毛根がある場合)

際どくは、そこそこ後退してしまっている場合…

先にも書きましたが、あくまでも育毛剤は、
その現状の維持~あわよくば毛根がちゃんとあれば太くたくましく育つわけなので、既に死んでしまった所では難しい。

全然増えない、生えない…けど、これ以上後退、抜け毛は無い。

これ、効果ありですから。

うん、もうひとつ頭があって、同じ状態からヨーイドンで比較検討出来たらさらに効果実感可能なんでしょうけれど、これが出来ない。






手遅れになる前に…ぜひ。

hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000