ブリーチが左右するカラー

一例として、参考画像。。

A・B・C

カラーオンする前の、髪の毛のベースとなる色ですね。

Aがもっとも白色に近く明るい。

Cが俗に言う茶髪くらいの明るさです。

さて、これらベースとなる髪色に、希望の色味を乗せた場合はどうなるか?


ピンク系で、同じ薬剤(ここではカラーバタートリートメント)ですが、どうでしょう?

薬剤と同じ色味と実感出来るのはAだと思われます。

基本的に、カラー剤パッケージのイメージは、ベースの髪色がどうかでだいぶ変わってくるのが実情…。

もちろん、既にここ数年で認識されているかと思われますが、まだまだ浸透不足の事もあり敢えて…。

なので、ドラックストアー等々市販で、やってみたけど、パッケージ通りに、ネーミングどの色味が出なかったと言うのは現実だったりします。

これは、市販品に限ったことではなくて、サロン専売品カラーでも同じことが言えます。

生まれながらに持っている髪の毛の黒を構成する成分に、メラニン色素、さらにそのメラニン色素自体も細かく種類があり、その成分を分解してゆく(同時に破壊とも)事で、髪の毛を一度明るくしなければなりません。

そのなかでも、メラニンレッド等赤味は残りやすい1つですから、先に上げた

ピンク系のカラーであれば、他の色味を出す事に比べるとまだ出やすい色味になります。

赤み残る髪に、赤は赤強く、黄色であればオレンジ寄りに。なので、オレンジ色味を出しやすい、退色がしにくく感じる系統になるかと思います。


逆に、アッシュ系、マット系と言われるものは、ベースの色味を限りなく白に近づけないと出しにくい系統となります。

例えばシルバー。

元々薬剤自体の染料が薄いですから、Cレベルの茶髪程度のブリーチではほぼパッケージ同等の色味を感じることは出来ません。

ただ、間違いなく色味は乗っているので、ネーミング通りシルバーとなります。(見た目は違うと思われますが)

アッシュ系(青味)も濃ければそれだけ深い色味になります。その分、元々の髪色がBくらいの黄色味が強い場合、乗せる色味青+ベース色味黄色となり、青+黄=緑になりやすくなってしまいます。

なので、できる限り希望色に近づけるためにはベースとなる事前のブリーチが大切になってきます。

白色に近づけるためのブリーチは、髪質にもよりますが、大体目安としてAレベルであれば最低3回は必要になるのですが、それでも黄ばみ、赤みが残る場合はそれ以上必要で、それと平行して、毛髪自体のダメージと頭皮へのダメージが出てきます。

人工的に完全に白髪の様な白にするのは正直不可能に近く、うっすらとした黄ばみを消すために、補色として紫を使用する事があります。

しかし、あくまでも補色と言うことはいずれその色味も抜けることは理解して使用する事になります。(黄ばみがいづれ出現)

そして、ブリーチを幾度と繰り返すと、先程のダメージと言った様に、通常乾燥時には閉じているキューティクルが、非常に開きやすくなり、入れた色味が抜け出しやすくなると言う事がおきます。

染料の流出です。

淡く、うっすらしたアッシュ系、またはマット系など透明感ある、透き通った系の色味は元々の染料は濃さがないので流れやすく、毛髪内部に留まりにくいですから、色持ちとしては、色抜けする前に少量の染料をカラーシャンプー等で補う必要もあります。

また、ブリーチされた当日に、カラーオンする場合注意しなければならないのは、ブリーチ自体の髪の毛から色味を抜くと言う力、パワーがあるので、その日の内に色を乗せると言うことは、少なからずせっかく入れた色も落ちやすい場合があると言うことになります。(アルカリキャンセルや、バッファー処理等々ありますが分子レベルでは完全除去は無理に近い)

脱染剤、脱色剤、似て非なる薬剤の使いわけ等も多々ありますが、市販品で施術使いわけは困難かもしれません。


とは、言っても。。

そんな色にしたい!場合があると思います。

なので、できる限りブリーチ回数を重ねる事に尽きます。


ひたすら…。

頭皮が耐えれるまで、時間に余裕があるだけ。


ちなみに、当店ブリーチ推奨はしておらず、ブリーチ自体も、過去に当店カラーをされている方のみとしております。

ブリーチはとても優れたカラーをするために必要不可欠なアイテムだと思いますし、幅が広がるのも事実ですが、それに伴うダメージはカラー剤の中で最大。

頭皮も髪の毛も。

そして、その後のケアがしっかり出来ないと本当大変な髪の毛の損失に繋がる可能性が高いからです。

一気にブリーチをすると言うよりは、数か月かけて負担を少なく地道にカラーリングをされる方が賢明かと思います。

と言う自分がハイブリーチw


とにもかくにも、ハイリスクでありますので、セルフブリーチ、オンカラーの際はベース作りを重点的に行う事をお忘れなく…。


hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000