薄毛カバー

新書が発売され話題にもなっている本。

僕もその通りだと思っているし、この手を使わない方法は無いと思っています。

このテクニックをやり始めることに抵抗感を感じる気持ちもわかります。

けれど、いかに第三者の目線と自分へのイメージをそらすかと言う点においては賛同出来る内容かなぁと。

薄い部分より強烈に目線をずらさせるアイテムを所持した方が良いと言う事実。

さらには、量のある部分と少ない部分の境目を目立たなくする手法。

出来る限り残しておきたい気持ちもも理解出来るのですが、それはそれで変に目立たせてしまう原因になるので。。


まずは第一歩から始めるのも吉。


hair nap

宮城蔵王の小さな理容室『hair nap』 日々のヘアケアにまつわる情報を発信するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000